個人の店舗でも簡単にポイントカードアプリが使える!

ポイントカードを発行するとなると、カードのデザインを決めて印刷をし、配布しなくてはなりません。

これには多くの費用がかかってしまうため、小規模の店舗で導入するのにはなかなかハードルが高くなりがちです。ポイントカードは販促用品ですので、できるだけ多くの人に配りたいものですが、配れば配るほどコストも高くなってしまうでしょう。

そこで使いたいのがアプリを使ったポイント制度です。アプリ開発の知識があれば自社で専用のアプリを作ってもよいのですが、それも開発コストがかかったり、承認に時間がかかってしまいます。

すでにスマートフォンのトップがアプリで埋め尽くされてしまっている人もいますので、新規で新しく追加するのを面倒に思う人もいます。ではどうしたらよいのか、その答えがSNSツールを使ったポイント制度です。

SNSツールはすでにインストールしている人も多くいるため、新しく入れてもらう必要はありません。必要なのは友達登録だけです。

スタンプを管理することができるだけでなく、お店から新しい情報も配信することができるので、その情報をもとに足を運んでくれる人もいるでしょう。

拡散してもらうことができれば費用をたいしてかけることなく販促をすることもできます。もちろん1対1で対話することもできるので、お客さんから直接意見を聞いたり相談することもできます。

ユーザー側もデジタルデータとしてポイントカードを管理することができるため、無くしたり期限切れにする心配が減ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です