セグメントプッシュを使い分けよう

サービスを提供する企業はアプリも開発しています。

これはユーザーに対して情報を発信するときに使うもので、主にECサイト運営者が提供をしているのが特徴です。例えばショッピングアプリを開発して消費者向けに最新の情報を流します。このアプリにはプッシュ通知と呼ばれる機能が付属しているので知っておくといいです。プッシュ通知はユーザーがアプリをインストールしているだけで情報を流せる優れたものでマーケティングに使えます。

通常のプッシュ通知は全ユーザーを対象にした告知をするので的確なマーケティングは難しいです。そこで誕生したのがセグメントプッシュと呼ばれる機能で、こちらは特定のセグメントのみを対象にしています。セグメントはひとかたまりという意味で、ユーザー属性に合わせて構成されるのが特徴です。ある商品に興味のある人を対象にしてセール情報を流すのがセグメントプッシュの特徴、これは購入履歴や行動を考慮します。

また特定の地域に絞り情報を流すことも可能です。他にもスマートフォンのキャリア別に有益な情報を発信できる、一定の利用がないユーザーだけにアピールできる機能も持ちます。うまくセグメントプッシュを使うとユーザー流失を防ぐ事ができるので企業にとっては重宝するのがメリットです。またアプリのアンイストールを防ぐ役割も持っているのが特徴、定期的にユーザーにマッチする有益な情報を流して回避できます。ウェブマーケティングにおいて重要なものなので理解しておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です