大手企業が挙って独自にiphone向けアプリを制作

各分野でiphoneのアプリ制作を推し進める動きが加速しています。

今まではスマートフォン向けのアプリ開発に対して、積極的ではなかった大手ゲームメーカーや大手出版社、そして流通系サービスなども今では挙って自社独自のiphone向けアプリを開発し、一般ユーザーに向けて配信しています。iphoneは世間一般で絶大な人気を誇る端末です。androidやwindowsといったOSもまた人気がありますが、スマートフォンの分野ではiOSの一人勝ちです。

特に日本人の間ではapple系の端末が注目されています。身の回りの製品をapple系で統一する人々も珍しくはありません。iOSの利点は端末を超えて、アプリのデータや作業の状態を同期しやすい点にあります。ビジネスパーソンやクリエイターの間でもiphoneのファンは多いです。大手ゲームメーカーが過去に家庭用ゲーム機向けに制作した大ヒットゲームを、今ではスマートフォンやタブレット向けにリメイクして販売しています。

最近では家庭用ゲーム機の市場が下火であり、反対にiphoneでゲームをプレイする人々は劇的に増加中です。大手出版もまた同様で、挙って人気作家や有名漫画家の作品をデジタル化しています。大手出版社が、自社作品を無料で読める電子書籍アプリを独自制作しており、その狙いは読者層の拡大にあるのです。紙よりも電子書籍の方がニーズが高くなって来ており、一部の作品を無料で公開する事でマーケティングの効果が上がっていくのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です