iphoneのアプリ制作に必要な環境とは

iphoneのアプリを制作し、それを公開することで方法次第ではお小遣い稼ぎができたり不労収入として確立することすらできてしまうのですが、そのiphoneアプリの制作に必要なものとはどのようなものでしょうか。

まずはパソコンです。最近はiphoneの性能が上がってきているとは言え小さな画面なのでプログラムを打つには断然パソコンの方がやりやすいですし目の疲れも軽減できます。以前はWindowsでは無理と言われていましたが最近ではパーツの性能が上がっていることなどからWindowsでも可能な時代になってきています。次にiphoneです。プログラミングが絶対に完璧であるということはなく、基本的には端末のほうの処理などでエラーが起こってしまうため動作のテストを行う必要があります。

テスト用端末として処理の軽いものでVRなどの高度な処理を必要としないアプリである場合にはリサイクル店などで6000円程度で販売されている中古の古めの端末でも十分です。作りたいゲームなどのアプリの「中身」を制作し終わったらアフェリエイト機能を搭載し、広告を表示することで広告料として広告が表示された回数に応じて収入を得ることができますが、この広告の表示回数がコツとなります。

表示回数を多くするともちろんその分だけ収入が見込めますが利用者は広告にストレスを感じることもあるので表示する回数を適度に設定することで長期的に遊んでもらい、広告収入を得ることができるようになります。多すぎず、やや少ないくらいにとどめましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です